BtoB調査で得られるもの

マーケティングが重要

マーケティングが重要

マーケティングが重要 BtoBとは、ビジネスつまり会社対会社での商業取引になります。
BtoB調査とは、会社に対してマーケティングの調査になります。
この調査は今まではBtoC調査と呼ばれる会社対顧客での調査は顧客の気持ちや行動パターンを理解して戦略を立てる必要や商品開発を行う為に重要だと思われていましたが、BtoB調査はそれほど必要ないと考えられていました。
なぜならBtoBでは、会社同士ですので商品価値の理解は専門家である部分と値段が優先されるケースが多く調査してもメリットが得られにくいと考えられていました。
しかし、ビッグデータなどを活用して、商品のニーズや相場動向を重要視して考えられる事によって会社同士の商取引でも状況が変化してきました。
それはマーケティングが重要視され、例えば店舗への商品の紹介だけでなく、店舗でのレイアウトの提案や展示個数など色々なアプローチを行って、大きな商取引へと結びつけていく事が出来るようになりました。

BtoB調査が抱えている様々な面での課題

BtoB調査が抱えている様々な面での課題 BtoB調査とは企業対企業に特化したマーケティングのことであり、現代のビジネスには欠かせない調査です。
しかしその反面、様々な課題も生じてきています。
まず、デジタルコンテンツの問題です。デジタルマーケティングを実施するためには、WEBやメールなどのデジタルコンテンツが必要ですが、この作成には手間や費用がかかります。
また、確実性の問題もあります。BtoB調査によって算出された顧客の傾向が、すべて正しいわけではありません。
確実性が低いと営業に活用できませんし、売り上げの減少にもつながります。
そして、ターゲットの選定も大きな問題です。
この選定を誤ると、見当違いの営業戦略となってしまいます。
さらに、目先の業務を追いかけるあまり中長期的な視点がなかったり、失敗した時の責任の所在があいまいであるというデメリットもあります。
こうした課題をしっかりと理解して対処した上で、BtoB調査を実施することが大切であるといえます。

新着情報

◎2021/2/12

マーケティングが重要
の情報を更新しました。

◎2020/12/8

BtoC調査との違い
の情報を更新しました。

◎2020/10/13

オンラインの調査が解決できる課題
の情報を更新しました。

◎2020/07/31

サイト公開しました

「調査 課題」
に関連するツイート
Twitter

【講師担当のお知らせ】 弘前大学 人文社会科学部 地域行動コース 社会調査実習にて、弊社代表 / Vision Lighterの松重 宏和が講師を担当いたします。 本年は「メルカリR4D」にてアウトリーチを担当する三川 夏代さんにもご参画いただき、地域における課題解決に取り組んでまいります。

コロナ禍で生活者の住まい変化など課題調査、ミサワ総研

AI解析でTwitterの投稿の質を更に高めたい方は、毎日私のツイートを見て下さい。投稿解析やTwitterを用いた調査の発信で、出来る事と効果の高さが分かる!はず。

東京都では、毎年、職場における男女平等の推進に関する実情と課題を把握するための調査を実施しています。 詳細はこちら(東京都産業労働局)

“ 1年先の売上予測についての設問では、日本のAI導入企業の55%が売上げ増を予測しているのに対し、準備中の企業は39%、未導入企業は27%と回答。” / “日本企業のAI導入が加速、ただしRoI実施やAIガバナンスなど課題も山積─PwC調査 | IT Leaders”